男と女

復縁に効果的なおまじないというのがあるらしいです・・・

人生って後悔が絶えないものですね。
特に後悔しちゃうのが大好きだった人との別れです。
つい、感情的になってしまい別れてしまった経験は誰にでもありますよね。
冷静になって考えてみると、やっぱり好き!
すぐに復縁できることも有りますが、復縁が難しい場合はどうしてもあります。
あの時別れるなんて言わなきゃよかったーと後悔しても
もう遅い。
電話やメールをする勇気がない。
毎日別れた人のことを思って辛い日々を送っている。
前に進めないときには、何かに頼って自分を楽にしてあげることも大切です。

 

そんな辛い時期に効果的な方法があるとネットで話題になっていましたよ。
それが復縁おまじないです。

 

復縁に効果的なおまじないというのがあるらしいです・・・
・満月時に行うおまじない
・携帯の待ち受けのおまじない
・画用紙を使ったおまじない
・植物を使ったおまじない
・折り紙を使ったおまじない

 

様々なおまじないがあり、復縁に効果があったという体験者もいました。
この復縁に効果的なおまじないの多くが
別れてから即日または3か月以内に行うと良いとされていましたよ。

 

こんなおまじないをしたからって復縁なんてできるわけない。
でも、本当に復縁することができたら。
信じる者は救われるなんて言葉がありますが、
やはりこのようなおまじないも信じなきゃ効果は得られません。
おまじないで復縁できるかどうかは分かりませんが、まずは信じて
やってみましょう。
信じることで自分のパワーとなり、願いがかなうと言われています。

 

生命ってやっぱり不思議なパワーがあるものです。
“気”という言葉もあるでしょ。
信じる気持ちが気となりパワーとなって念願上手につながります。

 

時間を巻き戻すことができたら一番いいんですけどね〜。
そういう訳にはいかないので、まずは復縁おまじないもやってみてはどうでしょう。
行動することで少しは心のモヤモヤもつらさも軽減するかもしれませんよ。
思いつめるより行動してみることで
前向きな気持ちになることも自分自身のパワーを高めるには大事なことです。

復縁屋とよばれる職種の驚きの復縁工作

別れてしまった相手とどうしても復縁したい。。。
でも、自分から行動することはできない場合ってありますよね
電話をしたりメールをしたり、分かれた相手に合いに行くなど、
自分で動くことで余計に嫌がられるのも困るし、
どのタイミングで連絡をしたらいいのか分からないけれど、
どうしても復縁がしたい。

 

そんな時、こんな復縁方法もあるということをご存知でしょうか。

 

それが、復縁屋です。
復縁屋というのは、読んで字の如く工作員を使って
復縁したい相手に近づかせ復縁に持ち込むといった商売のことです。
復縁屋を依頼する人には、フラれてしまったけれど復縁をしたい場合もあれば、
離婚をしたけど復縁したい場合、
振った相手と復縁したい場合など復縁屋を依頼する人には様々なケースがあるようです。
ネットでも噂になっている
復縁屋とは、どのような形で復活愛を成功させるのでしょうか。
また、100%復縁できるのでしょうか。
ちょこっと調べてみました。

 

「復縁屋とよばれる職種の驚きの復縁工作」
工作員を使った復縁の方法にはいろんなケースがあります。
場合によっては工作員も複数になります。
1つのケースによると、工作員だけでなく、相手の友達にも協力してもらうことも有るようです。
例えば、工作員が友達の友達という設定で
復縁したい相手と一緒に飲みに行くというケース。
飲みの席でなら、分かれた理由も聞きだし易いですよね。
また、お酒も入って気持ちもおおらかになっているので依頼者である
分かれた相手との復縁話を持ち掛けやすいです。
そして、工作員の方から復縁したい相手から依頼者である分かれた相手に電話をかけてみることを進めるなど、
お酒の席でならではのノリを利用したケースがありました。

 

別れて間もない場合や、分かれて年月がたっている場合、
分かれた理由などケースによってさまざまな復縁屋の手口があるようですし、
その成功率も様々です。
復縁屋に依頼をしたからといって必ず復縁できるとは限りません。

 

また、料金も1か月50万円からという業者もあれば
数百万円かかったというケースもありました。
数百万円もかけて復縁するか、成功しなくても依頼をしてみるか
その業者は信頼できる業者か。
復縁屋を依頼するにもある程度冷静になって考え、判断することが必要です。

 

業者によってはお金を取るだけ取って連絡が取れなくなるなど
こうした復縁屋によるトラブルもいくつかありました。

 

悪徳業者もあるということも頭に入れておいて
気になる方は相談だけでもしてみてはどうでしょう。