男と女

詐欺師「クヒオ大佐」の手口・・・

ここんとこ多発している振り込め詐欺。
息子にふんした男が事故を起こしてしまってお金が必要になっただの、
電話で高齢者にお金を要求するなどといった詐欺。
全く愛のないひどい詐欺です。
人間の愛情を利用するなんて、しかも高齢者にだなんて、
このような最近の卑劣な詐欺を見ていると本当に腹が立ちます。

 

そして、卑劣な手口の詐欺事件を見てとふと思い出すのがクヒオ大佐の結婚詐欺事件。
若い方ならご存知ない方も多いと思いますが、クヒオ大佐と名乗る男が
起こした結婚詐欺事件が昭和の時代にありました。
クヒオ大佐によって総額1億円ほどのお金が多くの女性からだまし取られたとして
世間を騒がせました。
映画化されたほど、有名な結婚詐欺事件です。
このクヒオ大佐の起こした結婚詐欺は何が凄いかって、
被害総額が1億円であるということも有りますが、
騙された女性たちの中には
自分が騙されてしまったことすら気が付いていない人もいたそうです。
騙された女性達はクヒオ大佐を憎む人よりも、愛情をもらったという人もいました。
大金をだまし取られたのに、逮捕された瞬間も彼を信じて愛していたというのですから。
さらには、彼が収監されている刑務所に彼に会いに行っていた女性もいたそうです。
愛がある詐欺?というべきか。

 

純粋な日本人であったクヒオ大佐は、自分をアメリカ軍のパイロットだと偽り
お金を持っている女性に近づきました。
白人っぽかったからという理由だけでアメリカ人に成りすますなんて無理がある話です。
英語も話せないうえに、軍服を着てデートするなど怪しさ満載。
見え見えのウソの経歴もなど、無理があり過ぎるこの事件ですが、
本当に誰も気が付かなかったのか?
など気になるところが満載。

 

大物結婚詐欺師、クヒオ大佐に女性が騙されたのはなぜか!?

 

ズバリ!女心をガッチリつかむ方法を知っていたことにあると感じています。

 

女性っていつまでも夢見る乙女。
さらに、騙された女性たちが地位や名声や経済力に弱いということも知っていたのだと思います。
クヒオ大佐はデートの時に赤いバラをプレゼントしたり、
甘い言葉をささやく、レディーファーストは当たり前など、
常に女性をお姫様のように扱いました。
普通の日本人の男性では得られない快感と優越を与え、女性の心を満たしていたんですね。
こういうのに女性が弱いことを知っていたんでしょう。

 

また、自分は特殊部隊の軍事であるとか、ウェディングドレスはエリザベス女王のデザイナーに依頼をしようなどと嘘の経歴などで自分の地位や財力を見せつけて
女性たちを虜にしていったのです。

 

巧みに女心を操るだけでなく、信用させる何かを持ってクヒオ大佐は
刑期を終え、出所した後も同じような手口で女性からお金をだまし取ったらしいですよ。
女性の欲望が変わらない限り、こういう詐欺も無くなりそうもないですね。